川 崎 大 師
その2 八角五重塔

秩父・最上・西国・坂東札所巡りへ
          大山門の右側に清瀧権現堂が祀られていました。          
清瀧権現堂の右隣に聖徳太子堂が祀られていました。大本堂の前には、次の10時半にお護摩祈願をする人たちで賑わってました。
八角五重塔が青空に聳えていました。
旧本堂礎石   
          ↑        いろは碑         ↑             大本山川崎大師平間寺・境内図
萬霊等(ばんれいとう)は三界萬霊等ともいい、
三界とは欲界・色界・無色界をいいます。
欲界は、食欲、性欲、睡眠欲をいい、
色界は食欲よりも性欲の強いこと、
無色界は欲のない心の世界のことをいいます。
 萬霊とは、欲界、色界、無色界の
有情無情の精霊などのあらゆる世界をさし、
全ての生物の生々流転(せいせいるてん)して
やむことのない世界のことをあらわします。
 その全ての世界の精霊を集め、
それらを供養するのが、この三界萬霊等です。

「等」とは「塔」を表す文字です。
  
三界萬霊
            ↑        観音銅像  関東第一霊場
              ↑        こうぼう大し江のみち   ↑                ↑     
          ↑       鐘楼堂 川崎大師toppageへ